【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

夏休みイベントでの衝撃体験

「うっ…」 8月のある日、運ぼうとしたモノが予想以上に重く、思わずうめき声をあげた。 モノを運ぶ先までは10mもない(おそらく7mほど)のだが、遠い。遠すぎる…。 こんにちは、コミュニケーション課の加藤早紀です。 先日、グローバル教育での講...

子どもたちが支援者を選ぶ瞬間に立ち会って

こんにちは。Chosen[チョーズン]*を担当している山口です。8/16~18の3日間、カンボジアの子どもたちが自身のチャイルド・スポンサーを選ぶChosenのイベントが行われました。私もこのイベントに参加してきましたのでその様子をお伝えし...

子どもが自分の意思で選ぶということ

こんにちは。今年2月にワールド・ビジョンに入団しました、スタッフの佐野と申します。今回のブログでは、私が担当している Chosen[チョーズン] についてご紹介させてください。 7月31日まで200人限定で募集しているChosen。子どもた...

Chosen[チョーズン]で夢の後押しを

こんにちは。Chosenを担当している山下です。 また普段は、最も弱い立場に置かれた子どもたちの取材に出かけたり、日本の皆さんに子どもたちの現状を知っていただくために番組制作をしたり、といったことを担当しています。 厳しい現実の中でこそ、子...

「たった一度会っただけなのに・・・!」

たった一度しか会ったことがないのに、忘れられない人っていませんか? これを世は「一目惚れ」というのか、はたまた、ただの「思い込み」というのかはわかりませんが・・・。 もしかしたら皆さんにも一度しか会ったことがないのに、ふとしたタイミングで思...

「支援」や「寄付」に抵抗を感じる私がChosenに参加した理由

こんにちは。 ワールド・ビジョン・ジャパン 元インターンの山本まどかと申します。 ワールド・ビジョンでは大学時代に3年間インターンとしてお世話になり、現在はコンサルティング会社で新人研修中です。 (インターン時代に書いたブログ:【インターン...

将来を担う次世代との「アクティブラーニング」

5月末からバングラデシュに出張に行ってきました、支援事業部の新口(しんぐち)です。 今回のブログはその出張のこと…ではなく、出張直前、大学生の皆さんにむけて講義をしたとき、次世代を担う皆さんのエネルギーを感じたエピソードを紹介させてください...

支援を通してトイレを設置した家庭の女性と筆者

NGOプロジェクト・マネージャーの1日~難民キャンプ編~

皆さんこんにちは、駐在員の服部紗代です。現在、私はヨルダンという国に駐在しており、難民キャンプと難民キャンプの外の街(ホストコミュニティ)の2つの現場をプロジェクト・マネージャーとして監督しています。 今日は、私が難民キャンプで働くときの1...

かぼすちゃんという奇跡

こんにちは。法人・特別ドナー課の清海(キヨミ)と申します。日頃より温かいご支援をありがとうございます。 日々、世界の子どもたちに思いを寄せてくださる素敵なご支援者の皆さまと接する機会のある私ですが、先日は思いがけず、かわいい動物に癒される貴...

励ましあいながらゴールを目指す

今回ブログを担当させていただきます。ボランティアの久保田典江と申します。 まずは、2022年3月6日に開催された東京マラソン2021にチャリティランナーとして参加する機会を与えていただいた皆さまにお礼申し上げます(関連ブログ「東京マラソン2...

Return Top