【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

世界の子どもを支援する国際NGO
ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフが
プロジェクト報告や日々の苦労話、
あっと驚いた話などを綴ります。

協働から生まれる広がり‐難民の子どもたちへの教育支援

ワールド・ビジョンに入って初めて担当したのは、シリア危機によって難民となったシリア人の子どもたち、そして受け入れ地域のヨルダン人の子どもたちへの支援事業でした。特に教育支援はとても思い入れのある事業で、子どもたちにもらった、活動中の絵や工作...

お話を伺った三鷹小鳩幼稚園園長大山さま

分け合う心を育む「梅干しふりかけ弁当」

ワールド・ビジョン・ジャパンは、現在約5万人のチャイルド・スポンサーの方にご支援いただいています。しかし、この数字の背景に、もっとたくさんの方がいらっしゃることをご存知でしょうか。企業や教会、そして、教育機関で支援をしてくださっている方々が...

アンドリュー ― ワールド・ビジョンCEOの横顔

[前回ブログからの続き] ワールド・ビジョン(WV)のCEO、アンドリュー・モーリーが来日した。3日間全日程に同行したので、結果的にウチのCEOの生態?を観察することになった。私の記憶に強く残った「世界100カ国、34,000人のスタッフを...

ワールド・ビジョンのCEOはどんな人?

先日ワールド・ビジョンの総裁、CEO(最高責任者)であるアンドリュー・モーリーが来日した。ワールド・ビジョンは世界約100カ国で活動する国際NGOで、それぞれの国が事務局を置き、独自に総会・理事会をもって運営の責任を持っている。ワールド・ビ...

国際協力に関心がなかった私が、Chosenに参加して感じた3つの気づき

こんにちは。2021年5月の、日本初のChosen[チョーズン]*に参加した、田尻紗友里と申します。2023年9月に開催されたリアルイベントへの参加がきっかけで、Chosenの体験談を書く機会をいただきました。 *子どもたちがスポンサーを選...

與十田スタッフ・高山スタッフと

インターン体験記②:あたたかさと悔しさと

こんにちは。長崎大学多文化社会学部4年の鳥羽 乃愛(とば のあ)と申します。2023年4月から、新規ファンドレイジング課のインターンとして活動させていただきました。この記事では、私の業務内容を紹介したいと思います。 印象に残った業務①:ワー...

インターン体験記:なんでワールド・ビジョン?

はじめまして。長崎大学多文化社会学部4年の鳥羽 乃愛(とば のあ)と申します。2023年4月から、新規ファンドレイジング課のインターンとして活動させていただきました。この記事では、「国際協力に興味を持っているけど、どんな機関や団体を選んだら...

想いを運ぶ

最近、どうもお米に対する愛情表現が上手くできない。 それは、お米の研ぎ方が荒くなってきたとか、食後のお茶碗に残る米粒が増えてきた、とかいう話ではない。むしろ、湯気だった白米を見つめた時に心に湧き上がる、日本の伝統的主食としての誇りに、わずか...

今の自分をつくる、子ども時代の体験

いつも温かいご支援をありがとうございます。2023年9月からワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)の「教会担当コーディネート・アシスタント」として働いています、天野孝則と申します。本業は牧師です。 私は、これまでに国際協力に関する専門教育や...

はじめの第一歩:●●●●ものに、目を注ぐ

早朝5時。 「うっ… 汗が止まらない…… とりあえずトイレへレッツゴー…… 」 人生初の海外出張。最初の一週間を終えた。入団3カ月目の私にはまだまだ慣れないことばかりで疲れが溜まっていたのだろう。土日は食事の時間以外は誰にも会わず、首都のホ...

Return Top