国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

それいけ!Donkey Library

ワールド・ビジョンでは皆様からお預かりしたご支援金で、子どもたちが健やかに成長することができる環境を整備すべく様々な活動をしています。その内の1つが教育環境改善事業です。

現地のNGOやコミュニティの人々と協力をして、校舎や図書室などの学習環境を整えたり、教育の重要性を理解していない親への啓発活動等をおこなっています。

コミュニティが協力して校舎や図書室を作っていきます。

コミュニティが協力して校舎や図書室を作っていきます。

それでもまだまだ、様々な理由で学校に行けない子どもたちや、設備や教材が十分に整っていない環境で一生懸命勉強しようとしている子どもたちが大勢います。

そこで、そのような状況の中、「僕に何かできることはないか?」と立ち上がった救世主がこちら!

Mr. ドンキー(教育省勤務の公務員)

Mr. ドンキー(教育省勤務の公務員)

「学校に行けないのならこちらから参りましょう。」「教材が無いのならこちらからお持ちいたしましょう。」とMr.ドンキー。

まずは、運ぶ本を選びます。彼も教育省の職員。

まずは、運ぶ本を選びます。彼も教育省の職員。

選んだ本を箱に詰めます。

選んだ本を箱に詰めます。

本を詰めた箱をMr.ドンキーへ託します。

本を詰めた箱をMr.ドンキーへ託します。

準備完了。出発前のエネルギー補給中。

準備完了。出発前のエネルギー補給中。

そして子どもたちのもとへ。

そして子どもたちのもとへ。

Mr.ドンキーは車が通れないような険しい山々を越えて、子どもたちに本を運び、読書の楽しさや、教育の大切さを教えています。

このクリスマス、さらに多くの子どもたちに学ぶことの楽しさを伝えることができますように!

Return Top