【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

リベリア便り No.6  2005年10月11日-内戦後初めての選挙

リベリア便り No.6  2005年10月11日-内戦後初めての選挙

内戦終了後初めての大統領、国会議員(上院、下院)選挙[1]が、国連リベリアミッションなど国際社会の支援を受けて、大きな混乱や衝突もなく10月11日に行なわれました。アクセスの非常に悪い地域を含む、全国3,070投票所への選挙関係者や物(投票...

国際協力の原点

国際協力の原点

1日1ドル以下の生活を強いられている人:12億人 安全な水が確保できない人:11億人 下水を利用できない人:24億人 字の読み書きのできない人:9億人 HIV/AIDS(エイズ)に感染している人:3600万人 学校に通えない子ども:1億20...

7月7日ロンドンでの爆破事件

7月7日ロンドンでの爆破事件

7月7日のロンドンでの爆破事件の後、イギリスで良く使われることばがある、とイギリス在住の友人から聞きました。それは、”resilience(リジリアンス)”ということばで、辞書によると「回復力」とか「元気」とあります...

リベリア便り No.5 ポパ県Largor村の手作りのskill training

リベリア便り No.5 ポパ県Largor村の手作りのskill training

ポパ県Larogor村は、主要道路よりかなり奥地に入った村です。この村には、ジャパン・プラットフォームより支援を受けて、住民とともに井戸1本の修復、家族用トイレ8基の設置を行いました。このトイレは左の男性のもの。カメラを構えると、子ども達が...

リベリア便り No.4 リベリア事業の紹介

リベリア便り No.4 リベリア事業の紹介

現在調整しているプロジェクトは、ジャパン・プラットフォームや日本のご支援者の支援を受けて、リベリアの近隣のシエラレオネ(西隣)、ギニア(北隣)、コートジボワール(東隣)や国内に避難している避難民の故郷への帰還を支援するため、グランド・ケープ...

リベリア便り No.3

リベリア便り No.3

皆様、リベリアよりこんにちは。ワールド・ビジョン・ジャパンのリベリア事業が始まってから4ヶ月が経ち、キャッサバ(注1)種子(ジャパン・プラットフォーム(注2)助成)、種もみ(世界食糧計画リベリア事務所委託)とも順調に成長しております。この事...

リベリア便り No.2 恵みの雨。されど

リベリア便り No.2 恵みの雨。されど

日本の皆様、リベリアよりこんにちは。リベリアは、日本と違い、季節は雨季(4月末より9月末まで)と乾季(10月より4月初頭まで)に分かれています。今年は私がリベリアに入った4月中旬より雨季が始まりました。毎夕方より夜半にかけて土砂降りという表...

リベリア便り No.1

リベリア便り No.1

私は今年4月中旬より、特別非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンのプログラム・オフィサーとして西アフリカのリベリア共和国グランド・ケープ・マウント州(地図参照のこと)において緊急食糧復興支援プロジェクトの調整に携わっています。今回は、こ...

Return Top