【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

ベトナムの風景

ベトナム駐在もあと残りわずかとなりました。今まで駐在した国の中では比較的貧しい国ではなく、また治安が良いこともあり、安心した駐在生活を送ることができました。今までブログで事業の様子や生活について発信させていただいておりましたが、写真ととってもうまく記事にできなかったものが残っていますので、本日は写真をメインに簡単にベトナムの風景を紹介させていただきます。

路上麺屋ベトナムは「風呂桶」文化です。どこででもこのお風呂桶みたいなちいさいイスを目にします。このイスさえあれば、路上が麺屋さんになったり、カフェになったりします。写真は、ワールド・ビジョンオフィス前の道路で、朝食を食べるスタッフです。イスはテーブルにもなります。

パーティー会場路上と言えば、結婚式シーズンになると路上のあちこちで披露宴が開かれます。通常は道路なのにそこにいきなり華やかなテントと椅子、テーブルがセットされて、着飾った人々で溢れます。

葬式結婚式と言えば、こちらはお葬式です。日本ではみないような派手な色合わせの花輪ですが、こちらは教会でのお葬式でした。

オートバイのことも何度か記事にしましたが、ベトナムではオートバイでなんでも運んでしまいます。大きなテレビやドアなんかも見たことがあります。

オートバイのことも何度か記事にしましたが、ベトナムではオートバイでなんでも運んでしまいます。大きなテレビやドアなんかも見たことがあります。

ハノイ名物にもなっている(?)電線です。怖いくらいのこんがらがり具合です。

ハノイ名物にもなっている(?)電線です。怖いくらいのこんがらがり具合です。

蓮の花のことも紹介しましたが、その蓮の花から取れる蓮茶がお土産として有名です。写真は蓮の花びらと額をとっているところです。

蓮の花のことも紹介しましたが、その蓮の花から取れる蓮茶がお土産として有名です。写真は蓮の花びらと額をとっているところです。

布市場ベトナムと言えば、洋服のオーダーメイド!と聞いたことのある女子も多いのでは?ワールド・ビジョンオフィスの近くにある市場はハノイでも有名な布市場。所狭しと布が並んでいます。オフィスの女性スタッフも、昼休みにお買いもの。みんなそれぞれお気に入りの仕立て屋さんに買った布を持って行って、自分の好きな服をオーダーするそうです。

ヘルスセンターそしてやっぱり、最後はベトナムの子どもたち!私の担当した事業が少しでもベトナムのお母さんと子どもたちのためになったことを願います。
皆さまの温かいご支援ありがとうございました。ベトナムでのワールド・ビジョン・ジャパンの活動はまだまだ続きます。これからも宜しくお願いいたします。

ベトナムの支援地の子どもたち

ベトナムの支援地の子どもたち

この記事を書いた人

三浦真穂
三浦真穂
大学院在学中にフィリピン留学をし、ストリートチルドレン保護のNGO活動に参加する。大学院修了後、他NGOにてタイ、ラオス事業を担当し地域開発に関わる。その後モンゴル駐在にてマンホールチルドレン保護事業、リベリア駐在にて帰還民支援事業などに従事する。2011年1月にワールド・ビジョン・ジャパンに入団し、支援事業部 緊急人道支援・グラント事業課 アジアチーム所属。2011年1月~2012年4月まで、ソロモン諸島に駐在。2012年11月から2016年6月まで、ベトナムに駐在。
Return Top