国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

IMF・世界銀行年次総会リポート(3)

古沢IMF日本代表理事との話し合い

古沢IMF日本代表理事との話し合い

世界銀行全体では約200名(数え方によって多少変わるようですが)の日本人職員が働いているそうです。職場は多様で、事業を担当して途上国に駐在している方、広報関係、ITや人事、さらには日本の財務省から派遣されている理事の方もおられます。

日本社会が非常に内向きになっている今、国際社会で、それも国際機関で働いている方の視点や生き方は大切にしなければいけないと思わされました。日本は資源が限られており、国際社会との連携なしには成り立たないからです。
その意味では国際社会への貢献、支援は慈善ではなく、日本と言う国の死活問題であり、責任でもあります。

林世界銀行理事(左から3人目)との写真 左から2人目・事務局長の片山

林世界銀行理事(左から3人目)との写真
左から2人目・事務局長の片山

この記事を書いた人

片山常務執行役員
片山常務執行役員ワールド・ビジョン・ジャパン常務執行役員
大学卒業後、三井住友海上火災保険株式会社(旧大正海上火災)入社。1982年同社を退職し、キリスト者学生会(KGK)の関東地区主事となる。海外との文化交流事業、日本人学生の海外派遣事業、在日留学生の支援事業等も行う。フィリピンにおける2カ月間の研修および中国、タイ、インド、インドネシア等の視察を行う。
1992年同会を退会し、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン入団、事務局長。
1999年イギリス マンチェスター大学大学院IDPMにて「社会開発」と「NGOマネージメント」を学ぶ。
2001年から常務理事を兼務。2017年3月で事務局長を退任。
現在、常務執行役員。https://www.worldvision.jp/news/shien/20170331.html
共著:「連続講義 国際協力NGO」(日本評論社)
Return Top