【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

テクノロジー×食糧支援 | WVのイノベーション

皆さんは「食糧支援」と聞いて、何を思い浮かべますか?

炎天下やひどい寒さの中で食糧配布を待つ、被災された人々の長い列を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

2006年から2007年の半年間、駐在していたスーダン共和国南ダルフール州内の国内避難民キャンプで、食糧支援の視察に行ったことがあります。そこには、支援を長時間待つ長蛇の列がありました。この人々は、空腹と暑さの中、どのような気持ちで待っていたのだろうかと思うと胸が痛みます。

食糧配布のために、被災者の確認をしている様子(スーダン共和国南ダルフール州カルマ国内避難民キャンプにて)

食糧配布のために、被災者の確認をしている様子。後ろには、食糧配布を待つ多くの人々が待機している(スーダン共和国南ダルフール州カルマ国内避難民キャンプにて)

干ばつや紛争などで食糧が不足する事態になった場合に、支援が必要な人々に、適切かつ効率的に配布することが、食糧支援の現場でのこれまでの課題でした。というのも、説明責任を確保しつつ、食糧などの支援物資を適切に届けるための確認作業は複雑で時間がかかり、また人手を要するものだったからです。このため、被災者の方々が支援を受けるまで、長時間待たなくてはいけないことが課題でした。

ID用の写真撮影の模様

ID用の写真撮影の様子

この課題解決のために、ワールド・ビジョン(WV)はIT業界と協力して、ラスト・マイル ・モバイル・ソリューション(LMMS)というシステムを開発しました。LMMSは、被災者登録・検証・配布・計画・管理・モニタリング・報告の一連の流れをデジタル化したものです。

LMMSによって、食糧や支援物資の配布をより迅速、公平に、かつ説明責任を担保した形で実施することができるようになりました。同時に、リアルタイムのモニタリングや報告、遠隔でのデータ収集も可能になりました。LMMSは電気やインターネットがない地域でも使うことができ、一旦登録すると、被災者は各自、バーコードが付されたIDカードを受け取ることができます。IDカードの導入で、支援物資受け取り時の捺印や署名が必要でなくなったため、待ち時間を大幅に短縮することができました。

IDカードを受領した受益者

IDカードを受領した受益者

【LMMSのメリットを数字で説明すると】

■ 手作業で被災者の登録・食糧配布・報告をする場合に比べ、時間を 50% 節約できました!
■  登録・配布にかかるスタッフや管理費用が、40% 節約できました!

【LMMSの利用者の声】

シルビアさん(小さい子ども3人のお母さん):「ウガンダ東北部にあるカラモジャで食糧支援を受ける際にLMMSを使い登録しました。子どもたちが食べ物を得ることができ、感謝しています。LMMSのIDカードを使うようになってから、他人が自分のふりをして、食糧を代わりに受け取ってしまうということがなくなりました」

食糧支援にあたるWVウガンダ事務所スタッフのオカリ・ミラ:「被災者登録・確認・配布計画・モニタリング・報告などすべてのプロセスを、迅速かつ効率的に進めることができるようになりました。被災者の方々と話す時間も持てるようになりました。何よりも、被災者の方々が登録や支援物資を受け取る際に待つ時間が短縮されてうれしいです」

IDカードを受け取った受益者

IDカードを受け取った受益者(中央アフリカ)

現在、LMMSは、WVだけでなく、国連や様々なNGOで活用されています。LMMSによって、支援の重複を防ぎ、さらに効率的に支援を届けられるようになることが期待されています。

そしてこれからも、支援を必要としている方々に、より迅速かつ効率的に物資を届けて行きたいと思っています。これまでの皆さまの尊いご支援に心より感謝するとともに、今日を生きるための支援を必要としている子どもたちに食糧を届けることができるよう、ぜひ「水と食糧のための募金」へのご協力をお願いいたします。

************

子どもたちに生きる糧を届ける、「水と食糧のための募金」にご協力ください。
【詳しくはこちら】

この記事を書いた人

伊藤真理
伊藤真理支援事業部 緊急人道支援課 課長
大学でスワヒリ語(東アフリカの言語)・アフリカ地域学を学んだ後、在ケニア日本大使館において在外公館派遣員として勤務。そこで、ストリートチルドレンへのボランティアを経験したことから、困難な状況にある子どもたちへの支援がライフワークに。留学、タンザニアでの協力隊を経て、2003年2月よりワールド・ビジョン・ジャパンに勤務。リベリア、スーダン、南スーダン駐在を経て、2010年5月より東京事務所勤務。現在、緊急人道支援課長。関西に住む3人のかわいい甥っ子・姪っ子たちの成長が元気の源。
Return Top