国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

ウェディングフォト

日本の紅葉が懐かしいな~と思うような時期になりました。ハノイは四季がありますので、こちらもだんだんと過ごしやすい気候になってきています。それはベトナム人にとっても同じようで、この時期は結婚式シーズンです。(それとやはり気候の良い4月あたり)

5つ星ホテルの前でプロポーズ?

5つ星ホテルの前でプロポーズ?

ハノイの街を歩いていると、いたるところにウェディングドレスの飾ってある写真スタジオが見受けられます。そうです、ベトナム人は写真大好き!なのです。

そこでこの春と秋の時期になると町中で目にするのは…、ウェディングフォトです。有名な5つ星ホテルの前や湖のほとり、ツタのからまる壁の前と、フォトスポットは多数あります。

湖のほとりで。周りの人たちはただベンチで憩っている人たちです

湖のほとりで。周りの人たちはただベンチで憩っている人たちです

どれだけたくさんの通行人がいても構わず、白いウェディングドレスとスーツ姿の花嫁花婿は、カメラマンの指示に従いポーズを決めて行きます。

日本でもそうでしょうが、ベトナムでもやはり時代の流れか、今までに結婚式でアオザイを着ているカップルは見たことがありますが、路上のウェディングフォト撮影では、残念ながら私はアオザイカップにはまだ遭遇したことはありません。

少しの移動でもロングドレスは邪魔ですね

少しの移動でもロングドレスは邪魔ですね

撮った写真はぶ厚いアルバムになり、またフレームに入れられ家に飾られたりします。私のプロジェクトのスタッフも今年結婚しましたが、彼女の言うには、写真撮影用の場所があり、彼女にみせてもらった写真には、ベトナムではあまりなじみのないコスモス畑の東屋が写っていました。

写真を見せてもらいながら、これまでのベトナムの歴史を考えると、こうして公共の場で落ち着いて写真を撮れるということは、この国にとって素晴らしいことなんだろうなと思い、写真の中に微笑んで写る姿を見て私たちの仕事がこの微笑みに少しでもつながるといいなと思いました。

ウェディングドレスの並ぶフォトスタジオ

ウェディングドレスの並ぶフォトスタジオ

夜にショッピングプラザの階段で写真を撮るカップル

夜にショッピングプラザの階段で写真を撮るカップル

この記事を書いた人

三浦真穂
三浦真穂
大学院在学中にフィリピン留学をし、ストリートチルドレン保護のNGO活動に参加する。大学院修了後、他NGOにてタイ、ラオス事業を担当し地域開発に関わる。その後モンゴル駐在にてマンホールチルドレン保護事業、リベリア駐在にて帰還民支援事業などに従事する。2011年1月にワールド・ビジョン・ジャパンに入団し、支援事業部 緊急人道支援・グラント事業課 アジアチーム所属。2011年1月~2012年4月まで、ソロモン諸島に駐在。2012年11月から2016年6月まで、ベトナムに駐在。
Return Top