【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

国際協力の原点

1日1ドル以下の生活を強いられている人:12億人
安全な水が確保できない人:11億人
下水を利用できない人:24億人
字の読み書きのできない人:9億人
HIV/AIDS(エイズ)に感染している人:3600万人
学校に通えない子ども:1億2000万人
防げる病気で亡くなる5歳以下の子ども:一日に3万人,年間1100万人
廃止すべき児童労働に従事している17歳までの子ども:2億5000万人
(世界の同世代の6人に一人の割合)

これは今の世界の現実です。しかし私たちは、このような数字を見ても、それを実感できないのではないでしょうか。でも想像してみてください。この中の一人が自分の子どもや孫、兄弟や父母などの家族だとしたらどう感じるでしょうか。その人の為に、できる限りのことをしたいと思うのではないでしょうか。貧困の中に苦悩する人々を数字として捕らえるのでなく、身近な存在、また自分と同じ一人の人間だったらどうだろうかと問うことが国際協力の原点です。そして、自分にできることは何か、を考えることから国際協力は始まります。

この記事を書いた人

片山常務執行役員
片山常務執行役員ワールド・ビジョン・ジャパン常務執行役員
大学卒業後、三井住友海上火災保険株式会社(旧大正海上火災)入社。1982年同社を退職し、キリスト者学生会(KGK)の関東地区主事となる。海外との文化交流事業、日本人学生の海外派遣事業、在日留学生の支援事業等も行う。フィリピンにおける2カ月間の研修および中国、タイ、インド、インドネシア等の視察を行う。
1992年同会を退会し、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン入団、事務局長。
1999年イギリス マンチェスター大学大学院IDPMにて「社会開発」と「NGOマネージメント」を学ぶ。
2001年から常務理事を兼務。2017年3月で事務局長を退任。
現在、常務執行役員。https://www.worldvision.jp/news/shien/20170331.html
共著:「連続講義 国際協力NGO」(日本評論社)
Return Top