【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

世界の子どもを支援する国際NGO
ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフが
プロジェクト報告や日々の苦労話、
あっと驚いた話などを綴ります。

「あたたかい支援」を体感する

よく、「あたたかいご支援をありがとうございます」ということばを使っています。 ・・・が、「支援ってほんとうに あったかい !」と実感をもって理解できたのは、恥ずかしながらここ数年のことです。 「あたたかさ」は、なんとなくの実感だっ...

世界中の子どもたちが、愛情をもって名前を呼んでもらえるその日まで

そこそこなミノリさん 赤道直下のケニア。空は抜けるように青く、照りつける太陽がじりじりと肌を焦がす。 企業様との連携により新たに始める事業の記念式典が、賑々しく開催されようとするその朝、会場となった小学校の校庭には多くの児童・生徒が集まって...

撮影の合間にカンボジアの子どもと遊ぶ林恭子さん

世界の子どもの未来のために ~レアちゃん(9歳)がほんとうに言いたかったこと

ワールド・ビジョン・ジャパンは、厳しい貧困に生きる子どもたちのことを日本のみなさまに知っていただくため、ドキュメンタリー番組「世界の子どもの未来のために」を制作しています。この番組制作のために7年間、撮影クルーとして支えてくださった林恭子さ...

エチオピアの事業地で、保健センタースタッフと大沢スタッフ

「カイゼン」で守る赤ちゃんの命

今日は、日本の皆さまからの募金と外務省から助成金により、エチオピアで行っていた事業についてご紹介します。 「カイゼン活動」 エチオピアではお母さんと赤ちゃんの健康が守られるよう様々な活動を行いました。 エチオピアの支援地域に建設された、産科...

カンボジアツアにて

私がワールド・ビジョンで働く理由 ~忘れられない「悔しさ」があったから~

こんにちは、ワールド・ビジョン・ジャパンで働き始めて4年目になる大住です。 10年前、私はアメリカの大学で国際関係学を学んでいました。 そして大学2年生で、はじめて海外でのボランティアに参加しました。大学の仲間と一緒にインドの学校に泊まり込...

ペアくんと山下スタッフ

サッカーボールと、溶けたアイス~カンボジアのスラムで出会った少年の意外すぎる行動

ワールド・ビジョンは、途上国の子どもたちの様子を日本の皆さまに知っていただくため、貧困で厳しい環境に暮らす子どもたちの生活を紹介するテレビ番組「世界の子どもの未来のために」を制作しています。その取材中のエピソードをご紹介します。 暗くなるま...

支える人を、支える仕事。

思いがけないプレゼント 私がワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフになって1年がたったころ。 クリスマス・イブ礼拝からの帰り道、当時5歳だった娘が「わたし、大人になったら、おかあさんみたいに、”わーるどびじょん”やる!」と言って...

君の名は?(名前よもやま話)

皆さんこんにちは、支援事業部緊急人道支援課の「わたなべひろこ」と申します。 ワールド・ビジョン・ジャパンに入団して11月で5年になります。 それ以前には、他の機関でアフガニスタンやパキスタンで紛争の影響を受けた人々、国内外での避難生活から戻...

中年男性はNGOで働き続けられる?

皆さん、こんにちは。 財務経理課で助成金事業の資金管理を担当している宮田秀慎と申します。 「ブログを書いて!」を言われてからというもの、私に何が書けるのか色々悩みましたが、私(=中年男性)がワールド・ビジョン・ジャパンで働く理由について書い...

「未来ドラフト」エピソード0~誕生秘話~

撃沈。のスタート あれは、京葉線の中。 とある大胆な「難民問題啓発プロジェクト」を某企業に提案に行った帰り道。 広告代理店の制作会社に勤めているICU大学、女子サッカー部の後輩、松田千広さん(以下、セン)と撃沈中。 撃沈したものの、色々と見...

Return Top