【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

「死」を知っている子どもたち

さっきから、蚊帳の中に止まっている巨大な蛾(が)から目を離せない。
はじめは壁に張り付いていたのに、追い払うのに失敗して、まさかの蚊帳内。

さらに、ベッドの下には、巨大な蜘蛛(くも)もいる。釜じいみたいなやつ。
腕立てなんてしなければ、それを知らずに済んだかもしれなかったのに。

もう、知らなかった頃には戻れない。

 

私は、今、ウガンダのビディビディ難民居住地(南スーダン難民が暮らす世界最大の難民居住地)というところで、「未来ドラフト~わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション~」グランプリ受賞チームとそのアイデアを実現しに来ている。

そして、虫に包囲されている。

グランプリ受賞チームの大学生とともにホテルにて。左から:国際基督教大学1年生、国際教養大学4年生、サセックス大学修士課程1年生、筆者(堂道)

グランプリ受賞チームの大学生とともにホテルにて。左から:国際基督教大学1年生、国際教養大学4年生、サセックス大学修士課程1年生、筆者(堂道)

蛾も蜘蛛も気になっているけど、今夜は格別、気になっていることがあって眠れない

1つ目に、日中、一緒にサッカーして戯れた難民の男の子に聞かれた質問が、ループする。

 

男の子:“Is Jackson alive?”(「ジャックソンは、生きてる?」)

わたし:“Jackson? Who is Jackson?” (「ジャックソン?ジャックソンって誰?」)

男の子:“Please, madam, I want to know. Is Jackson alive?”
(「マダム、お願い。知りたいの。ジャックソンは生きてる?」)

わたし:“I’m sorry boy, I don’t know…”(「ごめんね少年、分からないや…」)

 

これまで数々の貧しい家族や地域を訪れ、心が裂ける経験をしてきた。
過去ブログ:「生きていればまた会える」、という嘘

でも、この質問は、これまでの、どの衝撃ともちがった。
「ドクン」って心臓が止まって、身体がかたまる感覚
これが、銃撃戦や放火、捕虜、射殺から逃れてきた「難民の子ども」なんだ、と。

左:この会話の男の子。今、一番欲しいものは、教育

左:この会話の男の子。今、一番欲しいものは、教育

そして2つ目に、木によりかかって座っていた女の子との会話。

 

女の子:“When I had to run from my house,
I left my 2 year old brother to die. He had malaria”

(「逃げなきゃいけなくなった時、2歳だった弟を見殺しにしたの。彼はマラリアにかかってた」)

彼女の目からはボロボロと涙がこぼれて、私も、泣かずにはいられない。
そして、言葉に詰まる。

わたし:“I will never forget about you and your brother.
I will be praying for you. ”

(「あなたとあなたの弟のこと、一生忘れない。あなたのために祈り続けるね」)

本心。そして、ハグして一緒に泣くことしかできない。

弟を想い涙する女の子。今、一番欲しいものは、石鹸

弟を想い涙する女の子。今、一番欲しいものは、石鹸

ビディビディ難民居住地に逃れついた南スーダン難民29万人のうち、21万人が子ども
多くは目の前で家族を殺されたり、生き別れして、保護者や大人の存在なしに暮らしている

そう、難民となった子どもの多くは「死」を知っている。
それも、寿命や病気、災害によるものではなく、「人」によるもの。

私が知っている「死」と何がちがうだろう。

日本でモデルになりたいの。一緒に写真撮って!」とポーズする女の子たち

「日本でモデルになりたいの。一緒に写真撮って!」とポーズする女の子たち

いつだったか出回ったことばを思い出す。

「東京で10人死ぬと、日本が驚く。
ニューヨークで100人死ぬと、世界が驚く。
だけど、アフリカで1000人死んでも、誰も驚かない」

確かに、驚かない。
なぜなら、分かっているから。
だとしたら、「知っていて、分かっていて、なぜ今日も “何も” しなかったのか」が問いなのでは。

「すべての人々に“何もかも”はできなくとも、

だれかに“何か”はきっとできる」

私は、いつだって、ワールド・ビジョンのこの理念に戻ってくる。
眠れないけど、今日の会話を思い出しながらスヤスヤ眠れるよりは良い。

 

蛾と蜘蛛、どうしよう。

蛾と蜘蛛、どうしよう

蛾と蜘蛛、どうしよう

マーケティング第1部 コミュニケーション課
堂道 有香

紛争で難民となった子どもたちを、日本から支援する方法があります

突発する紛争で難民となる子どもの命を救うために。
避難生活が長期化する子どもたちの未来をつくるために。
寄付金額を選び、負担のない期間だけ支援する方法があります。

故郷は壊された でも私のことは壊せない

今回の募金をする毎月の募金をする

【関連ページ】
グランプリ賞決定!難民の子どもたちに「アイデアの寄付」をする難民支援コンペ
【アイデア募集!】「お金の寄付」ではなく「アイデアの寄付」若者が難民問題に挑むアイデアコンペ 審査員に池上彰さん、小島慶子さんら豪華な顔ぶれ!
【申込み受付開始!】3月16日開催 未来ドラフト2018 アイデア実現 報告会
【速報】未来ドラフト2018 優勝アイデアを実現してきました!!
未来ドラフト2018|「若者のアイデアで、未来を救う」決勝大会 開催報告
A Brighter Future~南スーダンの子どもたちが、苦難の経験や希望への想いを、絵を通して表現
世界の難民危機と子どもたち

【堂道スタッフの過去のブログ】
私の人生を変えた品川マック ~あなたのコーヒーはスモール?レギュラー?~
ここでは、涙の数だけ、強くなれない
「生きていれば、また会える」という嘘

【未来ドラフト★アイデア実現ブログ】
ダメになっていると言われがちな「最近の日本の若者」?(国際基督教大学)
幼少期の14年間を中国で過ごし「アイデンティティ」に悩み、目覚めた私(サセックス大学院)
持続しなくちゃ意味がない」(東洋大学卒)
 形式的には「韓国人」実質的には「日本人」。私は、「境界人」(東京大学大学院) 
「常識」だと思っていることを「疑う」(東京大学大学院)
 学ぶうちに「憤り」や「情けなさ」の一次感情が消えていた(慶應義塾大学)

 

難民問題に関する情報をご希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録ください

Take Back Future 難民の子どもの明日を取り戻そう

この記事を書いた人

WVJ事務局
WVJ事務局
世界の子どもたちの健やかな成長を支えるために、東京の事務所では、皆さまからのお問合せに対応するコンタクトセンター、総務、経理、マーケティング、広報など、様々な仕事を担当するスタッフが働いています。
NGOの仕事の裏側って?やりがいはどんなところにあるの?嬉しいことは?大変なことは?スタッフのつぶやきを通してお伝えしていきます。
Return Top