国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

スリランカでもエジソンが偉いのは常識か?

スリランカではテレビでちびまる子ちゃんを放送している(しかも平日の夜九時台に!!)」というのは、もしかするとスリランカ通の日本人の中では常識なのかもしれません。でもスリランカ通ではない自分にとってそれは結構衝撃の発見でした。懐かしさもあり、途中からでしたが見ることにしました。しかし動揺したのか、まる子があの少し抜けてのんびりした声ではなく妙に華奢なインド英語をしゃべっているのを聞くのはとても違和感があり全然ストーリに入り込めませんでした。

戦争勝利記念式典の様子

戦争勝利記念式典の様子

インド英語をしゃべるまる子に対する違和感と同様に異様なのが街中に立っている機関銃を持った兵士たちです。以前,某合衆国在住時に、同居していた友人が銃を持っていたり、鹿狩りに借り出されたりしたこともあり比較的銃に慣れていたつもりですが、やはり機関銃を持った兵士の前を通るのはいい気がしません(現在は兵士たちも緊迫した感じはないので特に不安になる必要はない)。ワールド・ビジョン・ランカのスタッフであるスリランカ人が、銃をもった人たちが沢山いるのは不快感を与えてしかるべきで、それに慣れてしまい不快ではなく普通になるというのは、実は悲しいことだという趣旨のことを言っていましたが同感です。この国の人たちが近い将来、銃を持った兵士がいるのが普通ではない生活を送れるようになればと思います。

そもそも何故、スリランカ、特にコロンボ市内に兵士が沢山いるかというと(すでに知っている方もいるかもしれませんが)今年の5月まで20年以上にわたり内戦が行われていたからです。スリランカ、又はセイロンというと、紅茶とビーチで有名なインド洋の島国ですが、小さい国にしてはシンハラ語とタミル語という二つの公用語をもち、宗教上でも仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教と多様性を持った国でもあります。しかし同時に民族間の関係が良いとは言えず、特にタミル系の反政府グループと政府軍の間で前記の内戦が繰り広げられていました。

この内戦に伴い30万人弱の戦闘からの避難民がおり、終戦後4ヶ月近い今でも大部分の人たちが避難民キャンプに残されています。避難民は、ほぼ何も持たない状態で避難民キャンプに来ているため、国連、NGO、スリランカ政府によるさまざまな援助が生きるために欠かせません。そこでWVJでもジャパン・プラットフォーム(JPF)という助成金のスキームを通じて援助を行っており、その事業のために自分が今スリランカにいるわけです。

スリランカの風景

スリランカの風景

職場で同僚が「戦争は終わったが平和ではない」と言っていました。この一言を自分が本当に理解できるまでどれくらい時間がかかるのでしょうか? 何かと考えさせられる事を言う人たちがいる国です。

PS
ちなみに違う日にテレビをつけたらパーマンが、更に違う日には忍者はっとり君が放送されており、オープニングの歌も日本版を半ば無理やり英訳して使っていました。ちびまる子ちゃんのテーマ曲も英訳されているのでしょうか?知っている方がいたら教えて下さい。

Return Top