【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

ベトナムの蓮

皆さんはベトナムの国花は何かご存知ですか?

日差しを受ける蓮の花

日差しを受ける蓮の花

ベトナムを代表する花は「蓮」の花です。
今の季節、6~7月はちょうど蓮の季節。ハノイでは暑い暑い夏の季節です。
町中で自転車の花売り荷台に蓮を見つけると、季節を感じます。

蓮池

蓮池

ハノイでも有名な蓮見スポットの蓮池があります。ある土曜日の朝、早起きして蓮の花を見てきました。蓮の花は早朝に咲き、昼ごろには閉じてしまうというので、いつも仕事に行くよりも早起きしました!

まだ朝の7時前というのに、すでに日差しはぎらぎらです。そしてすごい人出!私たちも入場料を払い、蓮池の中に渡されている遊歩道のような板を渡って蓮を見ていきます。暑い日差しを受けて、蓮の花の色がとても涼やかに鮮やかに見えます。

ベトナムでも、蓮は泥の中から出るけれど美しい花を咲かせる、としてみんなに愛されていると聞きました。緑の葉の生い茂る中でぽつんぽつんと見えるピンク色の凛とした姿に、ベトナム人の強さを感じました。

アオザイを着て蓮の花束を持ち写真を撮るベトナム人

アオザイを着て蓮の花束を持ち写真を撮るベトナム人

蓮の花の美しさはもちろんですが、ベトナムの女性たちは、晴れ着であるアオザイやきれいなドレスを着て、蓮池の中で写真を撮っており、モデルさん顔負けの衣装とポーズを見るのもまた楽しかったです。

自転車の花屋さんが季節を知らせてくれます

自転車の花屋さんが季節を知らせてくれます

この記事を書いた人

三浦真穂
三浦真穂
大学院在学中にフィリピン留学をし、ストリートチルドレン保護のNGO活動に参加する。大学院修了後、他NGOにてタイ、ラオス事業を担当し地域開発に関わる。その後モンゴル駐在にてマンホールチルドレン保護事業、リベリア駐在にて帰還民支援事業などに従事する。2011年1月にワールド・ビジョン・ジャパンに入団し、支援事業部 緊急人道支援・グラント事業課 アジアチーム所属。2011年1月~2012年4月まで、ソロモン諸島に駐在。2012年11月から2016年6月まで、ベトナムに駐在。
Return Top