国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

ドイツG8サミット訪問 6/6日

6月6日(水)

ドイツのテレビのインタビューを受けるWVドイツスタッフ

ドイツのテレビのインタビューを受けるWVドイツスタッフ

午前中は、外務省が日本人記者向けに用意したウェルネミンデ(ロストックから電車で30分ほどのリゾート町)のホテルに出向き、G8NGOフォーラムとして、日本のメディア向けのプレス発表を行った。約10名ほどの報道関係者(主に新聞社)が来てくれた。G8の正式なプレスセンターはG8会場の近くにあるが、一般の人やNGO関係者はパスがないと入れない。聞くところによると各NGOに最大3人分のパスしか発行されないらしい。WVはKelとWVドイツのスタッフ2名がパスを持っているが、私はないので、直接メディアの人と会えるのはここだけである。

記者の質問は、なぜG8NGOフォーラムを立ち上げたのか、今までのG8サミットとNGOの取り組みはどこが違うのか?といったことで、NGO側から提出している提言書の中身についての質問は無かった。このことは日本のNGOの限界、今までNGOがメディアへの働きかけが弱かったことを示していると感じるが、同時に日本のメディア関係者のNGOへの理解の無さもあるように感じた。英国(BBC)はかなり突っ込んだ政策的な質問をNGOに対して行っている。

夕方から、TICAD市民フォーラム主催のアフリカ関連の分科会に参加。その後、G7NGOアライアンス(ドイツ、フランス、アメリカ、日本)のメンバーと夕食を兼ねた話し合いに参加した。G7NGOアライアンスは、G7各国にある、NGOの連合体が持っている緩やかなネットワークで、毎年G8サミットに向けて、共同の声明文を出している。来年の日本でのG8サミットに向けて、お互いに何が出来るかを含めた、情報交換を行った。

日本のNGOは従来各NGOが単独で活動をする傾向が強かった。あるいは、関係するNGOとの連携はあったが、多国間やネットワークNGO同士での連携の経験は少ない。G8のような国際的な活動を行う場合は、他国的なNGO同士、あるいはネットワークNGO同士での連携が必須になるので、このようなネットワークとどのような関係を築いていくかは今後の大きな課題だと感じた。

この記事を書いた人

片山常務執行役員
片山常務執行役員ワールド・ビジョン・ジャパン常務執行役員
大学卒業後、三井住友海上火災保険株式会社(旧大正海上火災)入社。1982年同社を退職し、キリスト者学生会(KGK)の関東地区主事となる。海外との文化交流事業、日本人学生の海外派遣事業、在日留学生の支援事業等も行う。フィリピンにおける2カ月間の研修および中国、タイ、インド、インドネシア等の視察を行う。
1992年同会を退会し、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン入団、事務局長。
1999年イギリス マンチェスター大学大学院IDPMにて「社会開発」と「NGOマネージメント」を学ぶ。
2001年から常務理事を兼務。2017年3月で事務局長を退任。
現在、常務執行役員。https://www.worldvision.jp/news/shien/20170331.html
共著:「連続講義 国際協力NGO」(日本評論社)
Return Top