【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

アッパーナイル便り(7) 南部スーダン アッパーナイル州での活動を振り返って その①

2010年5月7日で、ワールド・ビジョン・スーダン事務所で、南部スーダン アッパーナイル地域プログラム統括マネジャーとしての二年間の勤務を終えた。それ以前の2007年4月から2008年4月の間、ジャパン・プラット・フォーム支援事業マネジャーとして出向していた時期の一年を含めると通算で三年間、南部スーダンで働かせていただいた。
最初の一年間は、一事業の実施だけに集中していればよかったが、後半二年間は、アッパーナイル州都マラカルで、アッパーナイル地域プログラム(アッパーナイル州4県、ジョングレイ州2県-地図の印の付けられた地域)全体の人事(全スタッフ数131人<女性25人、男性106人>、国際スタッフ11人・スーダン人スタッフ120人)、プログラム、財務、総務や調達の統括、スタッフの安全、州行政機関や国連機関との渉外、ファンド・レイジング、ドナー訪問時の随行などの職務に携わった。

政府関係者ミーティング時でのプレゼンをする筆者

政府関係者ミーティング時でのプレゼンをする筆者

「こんな大きな責任を自分が負うことができるのかしら。女性のリーダーが数少ないスーダンで事業統括マネジャーとして働けるのかしら。」と2008年5月の赴任前の機内で悩んでいたことを思い出した。
そんな時、自分ひとりで重荷を担ぐのではなく、チームのひとりひとりと仕事を分担すればいいのだと、気づいた時にすとんときた。
その①では、日々厳しい現場で働いている、アッパーナイル地域プログラム・チーム(財務、調達・ロジ、人事、総務、事業の質管理)の紹介をしたい。

チームの紹介

財務チーム:
アッパーナイル地域プログラムの現金管理、月次・四半期財務報告書の作成などを、チームリーダーのレオナード・カンディ(国際スタッフ)、アシスタント・財務オフィサーのカミサ・ジョン(スーダン人)、アブラハム・モーゼス(スーダン人)の三人でこなす。

務中のレオナードとカミサ(手前の女性)

務中のレオナードとカミサ(手前の女性)

調達・ロジチーム:
チームは、クレメント・バジア(調達)・ジュリアス・アーメット(ロジ)・サイモン・コー(倉庫)の三人からなり、全てスーダン人スタッフ。ワールド・ビジョン・スーダン事務所の調達の約80%は、マラカルやその近郊で調達する(マラカルの市場で扱われる資機材の大半は北部よりトラック・船などで持ち込まれている)。そのため、3人のスタッフは常に忙しい。

完成したマニョ県アシドウェイの学校トイレを視察するクレメント・バジア

完成したマニョ県アシドウェイの学校トイレを視察するクレメント・バジア

人事チーム:
アッパーナイル地域プログラム・スタッフの採用、給与計算、休暇管理、スタッフの契約更新などを、アシスタント人事オフィサーのフィリップ・アディアン(スーダン人)一人でまわしている。

スタッフの契約更新作業中のフィリップ・アディアン

スタッフの契約更新作業中のフィリップ・アディアン

総務チーム:
スタッフやゲストの移動手配(フライト、宿舎)、車両・燃料・資産の管理、行政組織、コミュニティ・リーダーとの調整、事務所・スタッフ宿舎の管理・維持など、プログラムを円滑に運営する上で欠かせないチームだ。総務チームは全27人(総務オフィサー、アシスタント総務オフィサー、アシスタント・テクニカル・オフィサー、ドライバー、警備員、清掃スタッフ)。

燃料管理データベースをアップデートしているアシスタント総務オフィサーのダニエル・キム

燃料管理データベースをアップデートしているアシスタント総務オフィサーのダニエル・キム

政府関係者ミーティング時に司会をしている、総務オフィサーのピーター・オナック

政府関係者ミーティング時に司会をしている、総務オフィサーのピーター・オナック

事業の質管理チーム:
チームは、プログラム・オフィサーのベネディクト・マキオ(国際スタッフ)、モニタリング・評価オフィサーのヘレンガニ・ベベ(国際スタッフ)、アシスタント・モニタリング・評価オフィサー、チャン・クォッチ・ボル(スーダン人スタッフ)の三人。チームは、事務所新規事業の形成、ドナーの報告書の取りまとめ、事業進捗のモニタリング・評価を行うなど、アッパーナイル地域プログラムの質を向上させるために不可欠のチーム。

ソバット地域復興プログラム時の事業形成ワークッショプ時に皆の前で話すベネディクト・マキオ

ソバット地域復興プログラム時の事業形成ワークッショプ時に皆の前で話すベネディクト・マキオ

財務オフィサーのレオナードと調整するモニタリング・評価オフィサーのヘレンガニ・ベベ(写真左)

財務オフィサーのレオナードと調整するモニタリング・評価オフィサーのヘレンガニ・ベベ(写真左)

この記事を書いた人

伊藤真理
伊藤真理支援事業部 緊急人道支援課 課長
大学でスワヒリ語(東アフリカの言語)・アフリカ地域学を学んだ後、在ケニア日本大使館において在外公館派遣員として勤務。そこで、ストリートチルドレンへのボランティアを経験したことから、困難な状況にある子どもたちへの支援がライフワークに。留学、タンザニアでの協力隊を経て、2003年2月よりワールド・ビジョン・ジャパンに勤務。リベリア、スーダン、南スーダン駐在を経て、2010年5月より東京事務所勤務。現在、緊急人道支援課長。関西に住む3人のかわいい甥っ子・姪っ子たちの成長が元気の源。
Return Top