国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

○○の秋

こんにちは。マーケティング部スポンサーサービス課の與十田(よそだ)と申します。

暑い夏が終わり、寒くなる前の秋という季節は、何をするのにもいい時期ですね。スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋…食欲の秋という方もいらっしゃるでしょうか?
日本の四季は、どの季節にも良さがありますが、個人的には秋が一番好きな季節です。

…が、ワールド・ビジョンで働くようになってから、夏が終わって気付いたときにはもう冬になっている、ということが増えました。秋~冬にかけて開催するイベントやキャンペーンの企画や準備で、1日1日が嘘のようにあっという間に過ぎてしまうからです。

私が所属しているスポンサーサービス課は、チャイルド・スポンサーとしてご支援くださっている皆さまに様々なサービスをご提供し、ご支援の成果を実感していただけるように活動する部署です。私はその中でも特に、支援者の皆さまに楽しくご参加いただけるイベントや、新しいサービスの企画を担当しています。

昨年のオープンデーの様子

昨年のオープンデーの様子

昨年は、通常のワールド・ビジョン・カフェ(以下、WVカフェ)とは別に「オープンデー」という新しいイベントを開催しました。(オープンデーの開催報告はこちらでご覧いただけます)

今年は、新しく「Girl Rising」という映画の上映会と、World Vision Festival 2013(WVフェス)というイベントの開催に向けて、ただいま鋭意準備中・あれこれ頭をひねり中です。この時期アドレナリンが大放出されるため、テンションの高い日々が続きます。(このブログの文章も、やや浮き足立った雰囲気になっているかもしれません…)

昨年のオープンデーの様子

昨年のオープンデーの様子

「いつかNGOで働けたらいいなぁ。同じ時代に生きているのに、生まれた国や場所が違うだけでこんなに違う環境に暮らしている人のために、何かできることがあるといいなぁ」
と、漠然と考えていた高校時代の私は、今こうしてイベント企画に頭をひねる仕事をする自分の姿をまったく想像していませんでした。

私がこの仕事に携わっていて嬉しいのは、それが支援地域の子どもたちの笑顔につながっていると感じられることですが、もう一つ、日本のチャイルド・スポンサーの皆さまの笑顔にもつながっていると実感できることです。

昨年10月、オープンデーの開催直前からFacebookで「チャイルド・スポンサーグループ」を立ち上げました。現在約500人のチャイルド・スポンサーの方が参加するこのグループでは、チャイルドとのお手紙のやり取りのことや、成長報告でチャイルドの写真が届いて嬉しかったことなど、温かい気持ちにあふれる書き込みと「いいね!」が続々と寄せられています。

去年のオープンデー(アフリカン・ナイト)でウガリの説明をする筆者(右端)

去年のオープンデー(アフリカン・ナイト)でウガリの説明をする筆者(右端)

また、WVカフェやオープンデーに参加くださった方が、イベント後も交流を続けたり、参加できなかった方にイベントの様子をシェアくださる場にもなっています。チャイルド・スポンサーの皆さまが支援を通してチャイルドや、ほかのスポンサーの皆さまとつながって笑顔になってくださっている様子を拝見すると、本当に嬉しくなります。

今年も「イベントの秋」は足早に通り過ぎて行きそうですが、一人でも多くの方にイベントに足を運んでいただき、楽しく支援を続けていただける機会となるよう頑張ります。

イベントのスケジュール、お申込みはこちらです。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております!

スポンサー・サービス課 與十田

この記事を書いた人

WVJ事務局
WVJ事務局
世界の子どもたちの健やかな成長を支えるために、東京の事務所では、皆さまからのお問合せに対応するコンタクトセンター、総務、経理、マーケティング、広報など、様々な仕事を担当するスタッフが働いています。
NGOの仕事の裏側って?やりがいはどんなところにあるの?嬉しいことは?大変なことは?スタッフのつぶやきを通してお伝えしていきます。
Return Top