【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

カンボジアの美容室から

久しぶりにカンボジアに行ってきました。プノンペンだけでなく、バッタンバンのような地方都市も経済的な発展を遂げているのにはびっくりでした。道路は整備され、きれいなビルやショップが多く見られました。

ただ、一般のお店でもアメリカドルが流通しており、(むしろリエルよりはアメリカドルが好まれているかも)外貨が主要流通通貨という異常さを感じました。また、若者の失業率は高いままですから、決して安定的で健全な経済状態とは言えない気もします。

さらには、農村部に入ると昔と変わらない風景が現れ、相変わらずの貧困状態も見えます。都市と農村、金持ちと貧しい人との格差は拡大しているでしょう。それは、日本の格差とは比べられない様な大きな格差だと感じました。

 

精米工場

精米工場

それでも少額資金の貸し付けを受けて、大きな精米所を運営しているおじ様(僕よりずっと若い方!)や、両親を亡くした青年が美容院を開いて安定した収入を得るなど、新たな動きも出ています。

自分の店を持った青年

自分の店を持った青年

典型的な街の美容院

典型的な街の美容院

カンボジアの美容院は驚くほど多いのです。決して大きな美容院ではありませんが、ヘアーカットだけではなく、お化粧やネイルなども行うのが特色のようです。特に結婚式などのイベント前には女性の皆さんはサロンでしっかりお化粧をするのが通例です。

ネイル作業中

ネイル作業中

ワールド・ビジョンの関連団体である、ビジョン・ファンドはこのような小さな事業の開店資金や改装資金などのための少額のローンを提供しています。個人向け貸し付けを行う事務所は普通の銀行と比べても引けを取らないくらいしっかりしています。

美容院には貸出結婚衣装も

美容院には貸出結婚衣装も

現在途上国では、貧しい人々への少額貸付事業は盛んに行われるようになっていますが、その問題点が指摘され始めている一方(返済のために働くようになったり、貸し付けを受けたグループ内で軋轢が生まれたり、など)確かに成果を上げている面もあることを確認しました。

この記事を書いた人

片山常務執行役員
片山常務執行役員ワールド・ビジョン・ジャパン常務執行役員
大学卒業後、三井住友海上火災保険株式会社(旧大正海上火災)入社。1982年同社を退職し、キリスト者学生会(KGK)の関東地区主事となる。海外との文化交流事業、日本人学生の海外派遣事業、在日留学生の支援事業等も行う。フィリピンにおける2カ月間の研修および中国、タイ、インド、インドネシア等の視察を行う。
1992年同会を退会し、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン入団、事務局長。
1999年イギリス マンチェスター大学大学院IDPMにて「社会開発」と「NGOマネージメント」を学ぶ。
2001年から常務理事を兼務。2017年3月で事務局長を退任。
現在、常務執行役員。https://www.worldvision.jp/news/shien/20170331.html
共著:「連続講義 国際協力NGO」(日本評論社)
Return Top