【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

子ども+教育=驚きの効果!

勉強から逃げ回っていた自分が恥ずかしくなった、子どもたちとの出会い

新年度がはじまりましたが、皆さま如何お過ごしですか。
ワールド・ビジョンで働き始めて3度目の春を迎えました大住です。

皆さまは、子どもの頃「学校」や「勉強」はお好きでしたか?
私は正直あまり好きではなく、特にテスト勉強が大の苦手で「机の前に座るとじんましんがでる」などと言って勉強から逃げ回るタイプでした。勉強を「やらされている」と感じており、有難みを実感したのは大学に入った後でした。

一方、仕事で訪れた途上国の子どもたちは全く違っていました。
学校に行くことが当たり前でない地域に住む子どもたちは、教育を受けられなかったために貧困の連鎖から抜け出せずにいる厳しい現実を目の当たりにしています。だからこそ、小さな頃から勉強の大切さを知っています。子どもたちが「勉強して、家族を助けたい」と強く願う姿には胸を打たれます。
けれど、学校に通えなければ、自分の未来を自分で切り拓くチャンスすら貰えません。

奥に見える橋の下で暮らすアニンちゃん(7歳)厳しい環境でも学校に通い、先生になるという夢を持っています

奥に見える橋の下で暮らすアニンちゃん(7歳)。厳しい環境でも学校に通い、先生になるという夢を持っています

もし学校に通えれば・・・子どもたちの未来が変わる!将来の収入が○○%アップ!?

もし子どもたちが学校に通えれば、その効果は計り知れません。
例えば、
・子どもが教育を受ける期間が1年延びるごとに、大人になってからの収入が10%増加する
・子どもたちが教育受ける期間の平均が1年延びるごとに、その国の貧困率が9%減少する
・特に女の子が教育を受けられれば、5歳未満の子どもの死亡率が減少する
と言われています。

子どもたちが学校に通うことは、その子の将来だけでなく、国の未来さえも変える可能性があります。

支援を受け学校に通うローズマリーちゃん(8歳)数学と科学が大好きで、クラスで1番の成績です

支援を受け学校に通うローズマリーちゃん(8歳)。数学と科学が大好きで、クラスで1番の成績です

私たちは「学校に通えない子ども」を減らすことができます

現在、世界には小学校に通えない子どもたちが6,100万人います。
とても大きな数字です。しかし、今から18年前の2000年には1億人の子どもたちが小学校に通えていませんでした。
子どもたちの未来を思う支援者の皆さまのお気持ちに支えられた地道な活動により、約4,000万人の子どもたちが学校に通えるようになりました。

私たちが手を取り合い、行動を起こせば、世界の「学校に通えない子ども」を減らすことができます。
ワールド・ビジョンは、学校に行くことを阻む様々な困難を抱えながら、勉強したいと願う子どもたちが学校に通い、勉強を続けられるよう支援しています。

この春、ぜひチャイルド・スポンサーになってみませんか?

ワールド・ビジョンのスタッフと勉強するラヒダちゃん(12歳)

ワールド・ビジョンのスタッフと勉強するラヒダちゃん(12歳)

 

マーケティング第1部 新規ファンドレイジング課
大住 祐里奈

***************************

【関連ページ】
ケニアのスラムから京大大学院に進学:夢をかなえた元チャイルドの動画
「学校に通いたい!」を応援する支援
チャイルド・スポンサーになる!

この記事を書いた人

WVJ事務局
WVJ事務局
世界の子どもたちの健やかな成長を支えるために、東京の事務所では、皆さまからのお問合せに対応するコンタクトセンター、総務、経理、マーケティング、広報など、様々な仕事を担当するスタッフが働いています。
NGOの仕事の裏側って?やりがいはどんなところにあるの?嬉しいことは?大変なことは?スタッフのつぶやきを通してお伝えしていきます。
Return Top