【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

小さな手が結ぶ愛

今年の11月は、急に寒くなったと思ったら、雪まで降り、気温の変化の大きさを感じる日々でした。
窓の外を見て暖かいと信じて家を出たら、青空とは裏腹に気温がとても低い日がありました。

4歳の娘(めーちゃん)と保育園に行く道すがら手に息を吹きかけつつ、
「今日はとっても寒いね。ママ、手袋持って来ればよかったよ」
とつぶやくと、すかさず娘が

「ママ、手をだして!」
と言いながらギュっとにぎってくれました。その手は、私よりもとても冷たくて、小さな手でしたが、娘の口から出てきた言葉は

「ママ、めーちゃんの手、あったかいでしょ?!」
でした。(ママの手の方が温かいよ…)と思いましたが(笑)、続けて

「めーちゃんのポケットに手を入れてもいいよ」
と満面の笑みで会話を続ける娘の優しさに、自分の小ささを反省させられました。

そんな数日後、訳あって夜中に調理していた時に包丁で指を切ってしまいました。朝起きるなり、バンソコウをしている私の指を見つけて

「ママ、どうしたの?!見せて!!」

と手をとり、ギュッと数秒握られました。(あぁ、この忙しい朝に!指は痛いから触らないで欲しいのに!)と心でつぶやきましたが
「ママ、めーちゃんがね、今、かみさまに、痛いのがなくなるようにって、おいのりしたから、もう大丈夫だからね!」
と言ってくれ、思わず涙が溢れました。

 

物でもなく、力でもなく、お金でもなくて、誰かを助け、支える力、人を想う力が人間にはあることを感じる時でした。

それは年齢に関係なく、ただ純粋に人を愛する力でした。

自分に対しても、子どもに対しても、できない事、できていない事、足りない事にばかり心が動いてしまう日々の中で、私にもできる事がある!と固く信じて実行する4歳の娘に教えられた出来事でした。

 

「育児は育自」恩師が教えてくれた言葉ですが、まさにその通り。

育児を通して教えられることばかりの毎日です。私はどこまで真剣に子どもと向き合い、子どもに心を合わせ、子どもを想うことができているのか…。と、問う日々です。

 

そして私には、もう一人の娘(チャイルド)がいます。エルサルバドルのエーちゃんです。

エーちゃんからの手紙

エーちゃんからの手紙

エーちゃんは、めーちゃんと生年月日が3日違いの上、夫と同じ誕生日、兄弟はお兄ちゃんがいるという我家と同じ家族構成。この情報カードを手にした時、すごい奇跡を感じて興奮したことを強く覚えています。

ぜひ、エーちゃんの家族とともに心を合わせて、彼女の健やかな成長を祈り、彼女の支えになりたいと。

そんなエーちゃんから、先日お手紙が届きました。文章は代筆でしたが、小さな手形が型取られ、青いクレヨンで塗られた絵がついていました。日本がどこにあるか分からなくても、遠い国に住む私を想い、大切なクレヨンで一生懸命に塗ってくれた姿を想像すると、胸が熱くなりました。

彼女は、幼稚園に通いつつ、家ではお人形遊びをして過ごしているそうですが、彼女の住むエルサルバドルのサンアグスティン地域は、犯罪組織による勧誘や恐喝が社会問題になっており、日々危険との隣り合わせと聞いています。遠く離れた地域にいる彼女の横に行って、手を差し伸べ、「大丈夫だよ!」と守ってあげることもできません。

 

でも、私にもできることとして、彼女を想い、神様が彼女の笑顔を今日も守ってくださるようにと祈りつつ、その成長を遠い日本から見守り続けていきたいと思っています。

めーちゃんとエーちゃんが大人になったとき、国を超えて互いに手を取り合い、愛と夢とを結んでいくことができる世界でありますように。

大古殿 美穂

----------------------------------------
クリスマスまでにあと約800人の子どもたちのチャイルド・スポンサーを募集しています
-----------------------------------------

中央筆者、左めーちゃん

中央筆者、左めーちゃん

この記事を書いた人

WVJ事務局
WVJ事務局
世界の子どもたちの健やかな成長を支えるために、東京の事務所では、皆さまからのお問合せに対応するコンタクトセンター、総務、経理、マーケティング、広報など、様々な仕事を担当するスタッフが働いています。
NGOの仕事の裏側って?やりがいはどんなところにあるの?嬉しいことは?大変なことは?スタッフのつぶやきを通してお伝えしていきます。
Return Top