【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

子どもたちへの支援 地域に好循環

「この仕事をしていて、一番うれしいこと、一番つらいことは何ですか?」。この質問を何度受けてきただろうか。

私の仕事は、日本に住む子どもたちや若者に国際協力への理解を深めてもらうように働きかけることだ。学校での出張授業、子ども向けイベントの開催、ボランティアの方との教材づくりなど。最近では修学旅行の一環としてワールド・ビジョンを訪問してくださる生徒の受け入れも増えている。ワールド・ビジョンのビジョンステートメント「すべての子どもに豊かないのちを」が私の力の源だ。

未就学児を対象とした子どもクラブで数の数え方を学ぶ子ども

未就学児を対象とした子どもクラブで数の数え方を学ぶ子ども

「この仕事をしていて、うれしいこと」は、子どもたちへの支援がもたらす変化を見ること。3月にカンボジアを訪れ、チャイルド・スポンサーシップによる地域開発プログラムを視察した。このプログラムの最大の特徴は「子どもを中心とした開発」を実施している点だ。支援が始まる前、大人は「子どもは放っておくもの」などという考え方を持っていたという。

単語の綴りを勉強するカンボジアの1年生の教室

単語の綴りを勉強するカンボジアの1年生の教室

支援では、子どもたちに働きかけ、その権利を学ぶことで、「子どもクラブ」などで生き生きと活動するようになった。その姿を見た大人にも意識変革が起こっている。1人遊びをしていた子どもたちが、子どもクラブで同年齢の子どもたちと楽しそうに遊び、仲間になっていく。すると大人たちも住民組織として団結していったのだ。

その結果、住民組織が基盤となって、子どもたちの栄養状態を改善させるプログラムが成り立つようになった。子どもに必要な栄養について学んだ親や地域住民は、ボランティアとして子どもクラブでおかゆを作るようになったのだ。十分な調理設備などない。石を並べた釜戸で鍋を火にかけて、おかゆを作り出した。みんなの思いがいっぱい詰まったこのおかゆは、どんな栄養補助食品にも勝り、子どもたちを心身ともに元気にする。

「子どもクラブ」特製おかゆ

「子どもクラブ」特製おかゆ

また、農業トレーニングも実施している。「鶏を大きさごとに分けて育てると、小さい鶏が餌を食べられないことがないので、鶏はみんなすくすく成長するようになったんだ。それに鶏が病気になったらどうすればいいのか今はわかった」「卵は子どもの栄養にもなる。市場で売ってお金を得られるようになったから、子どもを学校に行かせられるようにもなったんだ」。支援は確実に実を結んでいる。この仕事をしていて、喜びを感じる瞬間だ。

トレーニングを受けて改良した鶏小屋を紹介してくださった地域の方

トレーニングを受けて改良した鶏小屋を紹介してくださった地域の方

≪たくさんの「うれしいこと」を力に≫

このような支援の成果を日本で支援してくださっている方々に伝えたい。皆さまのご支援金は素晴らしいものに形を変えていることを伝えたい。

特に、学校や教育機関を通じてチャイルド・スポンサーとして支援してくれている小学生や中学生の一人ひとりに、スポンサーになって良かったと思ってもらえるよう伝えていかなくてはならないと感じている。

支援を必要とする途上国の子どもたちがどのような問題を抱えているのか、日本の子どもたちや若者が実感を持って理解を深めることができるように試行錯誤の日々だ。

ウガンダで実際に水汲(く)みに使われているタンクで疑似体験をしたり、カンボジアで子どもたちがしているような貝売りを体験したりして体感できる教材作りを心がける。

同年齢のエチオピアの女の子が家族に残されたたった一つのパンを分け合う様子をDVDで紹介した授業では、子どもたちは真剣な眼差(まなざ)しで映像に見入っていた。登場した女の子に思いをはせ、感想発表中に涙が溢(あふ)れてしまった児童もいた。こちらまで胸が熱くなる。もう一つの「仕事をしていて、うれしいこと」である。

福岡県山田小学校での「命の教育」

福岡県山田小学校での「命の教育」

「どうしたらこういう仕事(国際協力)をする人になれますか?」と質問を受けることがある。一番うれしい質問だ。カンボジアの小学校でも6年生のクラスで4人の児童が「将来の夢はワールド・ビジョンのスタッフになること」と発表してくれた。教師や医師と同様の人気だった。同じ夢を抱く日本の小学6年生とカンボジアの6年生に同じ瞳の輝きを感じた。

6年生のクラスでは4人の児童が「将来の夢はワールド・ビジョンのスタッフになること」と発表してくれた

6年生のクラスでは4人の児童が「将来の夢はワールド・ビジョンのスタッフになること」と発表してくれた

仕事をしていて「つらいこと」は、どんな仕事にもあるだろう。「つらいこと」よりもたくさんの「うれしいこと」が力をくれる。「すべての子どもに豊かないのちを」。この仕事を選んだ思いは、今も変わらない。

(広報アドボカシー課 広報チーム グローバル教育担当 松本謡子)

この記事はワールド・ビジョン・ジャパンの松本スタッフが執筆し、2014年5月8日付SANKEI EXPRESS紙に掲載されたものです。

WVカンボジアのスタッフ、地域の方と筆者(中央)

 

この記事を書いた人

WVJ事務局
WVJ事務局
世界の子どもたちの健やかな成長を支えるために、東京の事務所では、皆さまからのお問合せに対応するコンタクトセンター、総務、経理、マーケティング、広報など、様々な仕事を担当するスタッフが働いています。
NGOの仕事の裏側って?やりがいはどんなところにあるの?嬉しいことは?大変なことは?スタッフのつぶやきを通してお伝えしていきます。
Return Top