【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

ベトナムの桜

ハノイも蒸し暑い日が続くようになってきました。事業地のあるディエンビエン省では日中は30度を超えて暑いのですが、朝晩は冷え込み、まだジャケットが必要な気候です。

この時期、ディエンビエン省を含むベトナム北部では「ホア・ダウ」という白い花が咲くことが有名です。ワールド・ビジョンのスタッフたちも、「日本の桜に似ているでしょう?」と、みんなが嬉しそうに教えてくれます。ベトナム人がみんな「日本の桜」を知っていることに驚きました。

日本でも、すでに暖かい地域では桜が咲き始めているようですね。桜よりはちょっと大ぶりな「ホア・ダウ」を見ながら、またひとつベトナムに親近感を抱きながら、事業を進めていっています。

ベトナムの桜「ホア・ダウ」

ベトナムの桜「ホア・ダウ」

ベトナムの桜「ホア・ダウ」

ベトナムの桜「ホア・ダウ」

この記事を書いた人

三浦真穂
三浦真穂
大学院在学中にフィリピン留学をし、ストリートチルドレン保護のNGO活動に参加する。大学院修了後、他NGOにてタイ、ラオス事業を担当し地域開発に関わる。その後モンゴル駐在にてマンホールチルドレン保護事業、リベリア駐在にて帰還民支援事業などに従事する。2011年1月にワールド・ビジョン・ジャパンに入団し、支援事業部 緊急人道支援・グラント事業課 アジアチーム所属。2011年1月~2012年4月まで、ソロモン諸島に駐在。2012年11月から2016年6月まで、ベトナムに駐在。
Return Top