【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

Chosen[チョーズン]~選ぶ力を子どもたちに。選ばれる喜びをあなたに。

こんにちは。いよいよ2021年5月5日 こどもの日にスタートするChosen[チョーズン]を担当しています、スタッフの山下です。

Chosen[チョーズン]は2年前、ワールド・ビジョンのアメリカオフィスで始まりました。初めてその様子をビデオで見た時の感動は、今も忘れません。たった2分ちょっとのビデオで、私も、そこにいた他のスタッフも涙していました。


スタッフが泣いたChosen[チョーズン]のビデオ

人生で初めての選択は、あなたかもしれない。

この短いChosen[チョーズン]ビデオのどこに私は感動したのかな、と考えてみました。

これまで支援地域で出会った、貧困で厳しい環境に暮らす子どもたち。好きな食べ物を選ぶのではなく、今食べられるものを食べるしかない子どもたち。夢があるのに、それに向かって学ぶことができない子どもたち。

そんな子どもたちが、Chosen[チョーズン]によって、自分の力で未来をつかむ体験をすることができたら。そうすることで、「自分には人生を選ぶ力がある」ことを知り、未来に向かって成長する大きな力を得ることができたら。

そう思いながらビデオの中のスポンサーを選ぶ子どもたちの喜びと自信にあふれた表情を見て、大きな喜びが溢れてきました。

Chosen[チョーズン]の体験は、その子の人生において一瞬かもしれませんが、それは子どもたちの生きる力となって芽吹き、希望となっていくことを信じたいと、素直に感じました。

子どもたちの「運命の人」になる

そして、もし「人生で初めて」かもしれない選択で、私を選んでくれたら。
それはきっと、特別な感情が湧くのだろうな、と想像します。

“Chosen[チョーズン]で、初めて子どもたちがスポンサーを選びます。
子どもたちが、未来をつかむために。
神様から与えられたそれぞれの才能をいかすために。
社会を変革する人になるために。
そして、人生を変えるほどのつながりを築くために。あなたと。”

ビデオの最後のフレーズは、まさにチャイルド・スポンサーシップが目指す世界です。
子どもたちの「豊かないのち」のために、希望を奪われた子どもたちが人生の選択肢をもち、自分の可能性を見つけ、活かすことができるよう、私たちが本気で取り組んでいることです。

そして、チャイルド・スポンサーシップが大事にしているのは、「日本のあの人が応援してくれる」という顔が見える支援。

チャイルドも、スポンサーも、そこに関わるスタッフも、皆が「豊かないのち」を得て、より一層の喜びを得られるような。Chosen[チョーズン]にそんな希望を感じています。

Chosen[チョーズン]は、貧困によって選択の自由を奪われている子どもたちが、自分の意志でスポンサーを選ぶことができるチャイルド・スポンサーシップのまったく新しい始め方。いよいよ、ここ日本でも、2021年5月5日 こどもの日から200人限定でお申込み受付をスタートします。

Chosenとは?

新規ファンドレイジング課 山下泉美

【山下スタッフの過去のブログ】
テレビ取材の裏側 8歳に押し寄せる悲しいことを乗り越えて
世界を変えた新型コロナ「三密」のスラムは今
0回目の誕生日パーティー 貧困を生きる少女の叶わぬ夢
サッカーボールと、溶けたアイス~カンボジアのスラムで出会った少年の意外すぎる行動
バングラデシュ スラムの少女 怖いと感じたら生きていけない

この記事を書いた人

WVJ事務局
WVJ事務局
世界の子どもたちの健やかな成長を支えるために、東京の事務所では、皆さまからのお問合せに対応するコンタクトセンター、総務、経理、マーケティング、広報など、様々な仕事を担当するスタッフが働いています。
NGOの仕事の裏側って?やりがいはどんなところにあるの?嬉しいことは?大変なことは?スタッフのつぶやきを通してお伝えしていきます。
Return Top