【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

砂塵の彼方の小さな種

この記事はワールド・ビジョン・ジャパンの高木スタッフが執筆し、2013年12月9日付SANKEI EXPRESS紙に掲載されたものです。

今回のツアーに参加したチャイルド・スポンサーとチャイルドたち

今回のツアーに参加したチャイルド・スポンサーとチャイルドたち

延々と続くオフロードドライブ。砂塵をあげて疾走する四輪駆動車にゆられていると、ラリー・レースにでも参加しているような錯覚を覚えそうになる。ここは、ケニア南西部の乾燥しきったサバンナ。2013年8月。私は、19人の支援者とともに、マサイの人たちの村を目指していた。

アフリカ東部の国ケニアには、40以上の民族がいると言われている。マサイもその多くの民族の中の一つで人数的には少数派だ。にもかかわらず、その知名度はすこぶる高い。

背の高い男性たちが赤い衣装でジャンプする「マサイの戦士」や、ビーズのアクセサリーで着飾った女性たちを思い浮かべる方も多いだろう。

チャイルド・スポンサーたちの訪問を歓迎し、歌を歌うマサイの人たち

チャイルド・スポンサーたちの訪問を歓迎し、歌を歌うマサイの人たち

そのマサイの村で国際NGOワールド・ビジョンは、チャイルド・スポンサーシップというプログラムによる支援活動を実施している。

子どもたちの健やかな成長を目指して、困難な状況にある地域の人々とともに衛生環境や教育環境を整えたりする活動だ。この活動を支えてくださるのは、日本に約5万4千人いらっしゃるチャイルド・スポンサーと呼ばれるご支援者の皆さま。

スポンサーになっていただくと、途上国に住む子ども「チャイルド」が1人紹介され、文通などを通じて交流することができる。そのチャイルド・スポンサーの方たちに、支援地域を訪問していただくツアーを毎年2、3回開催しているのだが、今回はここ、ケニアへのツアーだ。

初めは緊張していたチャイルドたちも、スポンサーの方たちと遊ぶうちに打ち解けていきました

初めは緊張していたチャイルドたちも、スポンサーの方たちと遊ぶうちに打ち解けていきました

参加者は、年齢も人生経験も、チャイルド・スポンサーになってくださった動機もさまざまだ。ご自身の幼い娘さんが大病を患われたことをきかっけに支援をはじめられた方。二人の息子さんが独立されたことから、女の子の支援を始めた方。仕事や人生に疑問を感じている時にテレビ番組で途上国の現状を知り支援を始めた方など、一人ひとりの人生にも関係する思いとストーリーがある。

そのような女性11名、男性8名が、支援を通してつながっているチャイルドに会うこと、そして、支援の成果を視察することを楽しみにツアーに参加してくださった。

養蜂によって地域の子どもを支援する女性たち

養蜂によって地域の子どもを支援する女性たち

今回のツアーでは、ケニアの2つの支援地域を訪問した。マサイの子どもたちは日本人を見ることが初めてで、最初は表情も硬く恥ずかしげにしていた。しかし、チャイルド・スポンサーと一緒に遊んだり楽しい時を過ごしていく中で、次第に打ち解け笑顔を見せてくれるようになる。世界中どこでも、子どもたちの笑顔は素敵だ。

チャイルド・スポンサーにとっては、民族や言語を超えた人と人とのつながりを実感できる時でもある。長旅は、この瞬間のためだったとすら感じられる。

支援地域は笑顔だけではない。水不足に苦しみ、整備されていない衛生環境や医療施設、そして子どもたちへの教育環境の不備に悩む人々の生活も垣間見ることとなった。しかしそのような環境の中で、少しでも現状を改善しようと、懸命に努力し成果をあげて、日本人支援者への感謝の言葉とともに、活動について誇らしく語ってくれる人々とも出会うことができた。

女性グループの1人が、収穫したはちみつを絞ってくれました

女性グループの1人が、収穫したはちみつを絞ってくれました

それは、夫を亡くした10人ほどの女性グループによる養蜂を視察した時だった。この地域でも、夫を亡くした女性たちの生活は厳しい。しかし、グループの女性たちは、活動により地域の平均所得より高い収入を得ることができるようになり、地域に住む15人の子どもたちが中学校で学べるよう支援をしていた。「1人の女の子は大学にまで進み、この地域の医者になるために勉強しています」と誇らしげに話してくれた。

通常であれば脆弱な立場に追いやられる可能性の高い女性たちが、地域の子どもたちを支援し、その子が将来地域に貢献することを夢みて学業に励んでいる。その話に、日本の人々からの支援に実がなりつつあるような感銘を受けた。

恥ずかしげに身を寄せるマサイの女性たち

恥ずかしげに身を寄せるマサイの女性たち

代表的なマサイ文化の一つに、美しいビーズのアクセサリーがある。実はそのビーズは昔からアフリカにあったものではなく、アフリカに持ち込まれたビーズを、マサイの人たちが自らの文化として取り込んだものだそうだ。

今日では世界約90カ国にまで広がったワールド・ビジョンの活動だが、それぞれの支援地域での活動が、人々にとって、そして子どもたちにとって有益なものであると感じてもらえればと願っている。そして、マサイの人たちのビーズのように、養蜂をしていた婦人たちのように、自らの文化や生活に取り込んでもらえればと思う。それが小さな種となり、実がなり、実を栄養として子どもたちが健やかに成長してくれればと思わずにはいられない。その子どもたちが、未来の地球を作ってくれるのだから。

チャイルド・スポンサーの皆さまの支援が、そのための小さな種になると信じている。そして、今回のツアーでも、子どもたちの心にも小さな種が蒔かれたと信じている。このような小さな種を通して、私たちは、国境を越えて、民族を超えて、一緒に幸せになれそうな気がする。

支援地の子どもたちと筆者(マラウイにて)

支援地の子どもたちと筆者(マラウイにて)

■ 支援地訪問ツアーの報告を見る

————————————————————————–
クリスマスまでに、あと約1500人の子どもたちのチャイルド・スポンサーを募集しています
どうぞ力をかしてください。
—————————————————————————

この記事を書いた人

高木克巳
高木克巳マーケティング第二部 部長
関西大学卒業後、地質調査・井戸掘削会社および斜面保護・緑化会社に勤務。現場作業や土木施工監理技師として施工管理などを担当。
1992年に渡英し、グラスゴー・バイブル・カレッジに留学。
1995年に帰国し、ワールド・ビジョン・ジャパンに入団。
2000年度よりマーケティング部長(旧 国内事業部長)。
2015年度よりマーケティング第二部長。
2017年度よりサポートサービス部 教会パートナーシップ・コーディネーター。
Return Top