【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

ビディビディ難民居住地の子どもたちと筆者

ウガンダ駐在ブログ 限られた資材・お金で生活する工夫

駐在スタートから2カ月。雨季の到来にホッ 今年(2019年)3月末よりウガンダに駐在している岡田です。アフリカ最大の南スーダン難民居住地で実施している教育支援事業を担当しています。 5月に入り、私がいる北西部ユンベ県にようやく遅めの雨季がや...

あなたのチャイルドだけでなく、さらに4人の子どもが・・・!

「寄付は、本当に子どもの助けになるの?」

こんにちは、ワールド・ビジョンスタッフの大住です。 平成から令和へと元号が変わり、新たな時代が幕を開けましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 私はいま、新たなご支援者を募る部署で働いています。 そうすると、毎日のように・・・ 「寄付は、...

食べてなくなるビスケットより、大切なもの・・・

こんにちは、ワールド・ビジョンスタッフの山下泉美です。 桜の季節を迎えると、新入学や、新学期スタートの時期ですね。 お子様をお持ちのご家庭は準備に忙しい日々を送っていらっしゃる頃でしょう。 私は、日本のみなさんに途上国の子どもたちのことを知...

【インターン体験記】ワールド・ビジョン・ジャパンのWEBマーケティング

こんにちは!2018年10月から2019年3月まで、インターンとしてワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)でお世話になった明治学院大学の鳥海(とりうみ)と申します。 WVJはインターンの受け入れを積極的に行っており、いろいろなポストがありま...

戦争、児童労働、そして地雷~変わる力、変える力-教育と、将来の夢を描く力~

イラクにおける教育支援・子どもの保護事業を担当している岩間です。 イラク事務所には私と同世代のスタッフが多くいます。 お昼を食べたり、休日を一緒に過ごしたりしながら、たわいもない話をする中で、特に私が好きなのは子どもの頃の話です。通っていた...

国際NGOはどんな職場?グローバル教育インターン体験記

こんにちは。私は2018年5月からマーケティング第1部コミュニケーション課にてグローバル教育のインターンとして活動させていただきました。 2018年4月大学院進学のために上京し、東京では日々の勉強に加えなにか新しいことにチャレンジしようと決...

グランプリ受賞チームの大学生とともにホテルにて。左から:国際基督教大学1年生、国際教養大学4年生、サセックス大学修士課程1年生、筆者(堂道)

「死」を知っている子どもたち

さっきから、蚊帳の中に止まっている巨大な蛾(が)から目を離せない。 はじめは壁に張り付いていたのに、追い払うのに失敗して、まさかの蚊帳内。 さらに、ベッドの下には、巨大な蜘蛛(くも)もいる。釜じいみたいなやつ。 腕立てなんてしなければ、それ...

事業の様子_栄養強化ビスケットの配給を受けた子ども

食糧支援に取り組むスタッフが共有する思いとは?

こんにちは!南スーダンの教育支援事業とWFP(国連世界食糧計画)の食糧支援事業を担当している千田です。 昨年11月下旬のこと。年齢、国籍、母国語、業務経験、働く国、担当業務の内容、何から何まで『異なる』メンバー100人近くが一同に集う機会が...

NGOスタッフの記憶に残るギフト(10)~「知る」という贈り物~

私が担当している母子保健事業では、地域の女性たちを地域保健ワーカーとして育成し、彼女たちを通して母子保健・栄養に関する知識を広めることを事業の主な目的としています。 啓発活動やトレーニングは、例えば施設建設や物資を支給する活動に比...

世界のクリスマス(3)~ネパール:誰かを想うクリスマス~

ネパールは国民の多くがヒンドゥ教徒で、文化としてクリスマスを祝う風習はありません。 ただ、国としてはそれぞれの民族や宗教を尊重しその記念日は祝日になるので、クリスマスもその一つとして祭日になっています。 ワールド・ビジョンが事業を実施してい...

Return Top