【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

世界食糧デーによせて ~南スーダンの食糧危機に想うこと~

皆さんは、「食」と聞いて何を思い浮かべますか? 私にとって、「食」=「喜」です。旬な食材、旅行先の名物料理、美味しい手料理、友人との楽しい外食、海外での新しい味との出会い…。 普段の生活の中でも、今日は大好きな○○が食べられるから頑張ろう!...

選挙を前に、世界の「働く」を考える

10月10日は、第48回衆議院総選挙の公示日でしたね。 みなさんは、どのような思いを持って今回の選挙を迎えているでしょうか。いろんな政策的な争点、政治や社会についての考えがあることと思います。 広がる貧困や格差への対応や、医療・介護・育児・...

それぞれの事情 ~ネパール・TV撮影裏エピソード~

TV番組制作のため、この夏、ネパールを訪れました。 国にかかわらず、撮影をしていると、どこからか子どもたちや人々が集まってきます。 こちらの事情で日常生活のお邪魔をしてしまっているのですが、不自然にカメラに写りこんだり、音声が入ったりしてし...

今回インタビューを行った平田優子さん

大手外資系企業ゴールドマン・サックス社員が、突然「N女」になったワケ

=はじめに= 「NPO業界で働く女性」が、今、「N女」(エヌジョ)と呼ばれているのをご存知ですか? 中でも、高学歴で大企業勤務の経験ありなど、“ハイスペック”な経歴を持ったうえで、NPO業界で働くことを選ぶ女性が「謎めいている」という理由で...

サマースクールに参加した子どもたちと、ケニア出身で元チャイルドの特別ゲスト・スティーブンさん

WVJから発信!グローバル教育レポート

こんにちは。ワールド・ビジョン・ジャパンでインターンをさせていただいている、大学生の諸石です。8月に小学生向けイベント「サマースクール2017」でイベントの進行役をさせていただきました。 準備を始めた当初はこのような進行役を任せていただき、...

熱心に絵を描くチャイルド。文章が書けなくても絵で何かを表現しているのかもしれません

チャイルドが自分で手紙を書けないのはなぜ? ~ウガンダの事例~

よくチャイルド・スポンサーシップの支援者の方から、「私のチャイルドは12歳ですが、手紙はいつも代筆です。なぜ自分で書けないのでしょうか?」というお問合せをいただきます。このようなお問合せへの回答は、もちろんチャイルド一人ひとりの事情や置かれ...

「N女」の謎に迫る③ ~国際協力に、英語ってどれくらい必要!?~

=はじめに= 「NPO業界で働く女性」が、今、「N女」(エヌジョ)と呼ばれているのをご存知ですか? 中でも、高学歴で大企業勤務の経験ありなど、“ハイスペック”な経歴を持ったうえで、NPO業界で働くことを選ぶ女性が「謎めいている」という理由で...

緊急人道支援課のスタッフと、記念撮影(筆者は後列左から2番目)

【大学生インターンシップ/NGO】自分にとっての“何か”の見つけ方。

こんにちは、この夏、ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)支援事業部緊急人道支援課で約2カ月間のインターンシップを経験した壁巣(かべす)真貴子です。私は現在大学4年生で、アメリカ合衆国オハイオ州エイダというとっても田舎にあるオハイオノーザン...

オックスフォード大学の校舎j

「N女」の謎に迫る② ~何でみんな「高学歴」なの!? 学歴ってやっぱり大事?~

=はじめに= 「NPO業界で働く女性」が、今、「N女」(エヌジョ)と呼ばれているのをご存知ですか? 中でも、高学歴で大企業勤務の経験ありなど、“ハイスペック”な経歴を持ったうえで、NPO業界で働くことを選ぶ女性が「謎めいている」という理由で...

事務局長

新事務局長 木内真理子「世界に思いをはせて Vol.1」

「子どもは社会で最も弱い立場にいる存在。だから、子どもに優しい『開発』は社会全体に優しい」 ワールド・ビジョン・ジャパンに入った頃に聞いて、すとんとハラオチした言葉です。 子どもの健やかな成長は社会の健全性を示すバロメーター。原点として大切...

Return Top