国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

識字教室

11082201前回識字教師のトレーニングについて紹介させてもらいましたが、今回はその後の村での識字教室の様子を見てみます。

各村で40人から60人の人が識字教室に参加しています。これは私たち事業スタッフの予想を大きく超えていました。
生徒数がこんなに多いと、新米先生はなかなか大変だろうなというのが私の感想ですが、おばあちゃん、赤ちゃん連れのお母さん、みんなが一緒に座って一生懸命勉強しています。


11082202全く学校に行ったことのないお年寄りや、学校を途中で退学してしまった人も、真剣に先生の言うことを聞いて、黒板に書かれた文字をゆっくりとしかししっかりとノートに 書き写しています。

全くと言っていいほど娯楽のないソロモンの村での生活、それでもお祭り好きなソロモンの人たちなので、何かイベントがあるとみんな大喜びで参加してきます。
そうやって楽しみながら勉強して、何か新しいことを発見できるきっかけになったらとても嬉しいなと思います。


11082203教室が終わったあとに、生徒たちと話をしました。
みんな口をそろえて、識字教室で勉強するのはとても楽しい、きちんと文字の読み書きができるようになったら今までは参加しにくかった村の活動に積極的に参加するんだ、と嬉しそうに話してくれ、私も元気をもらって村を後にしました。

この記事を書いた人

三浦真穂
三浦真穂
大学院在学中にフィリピン留学をし、ストリートチルドレン保護のNGO活動に参加する。大学院修了後、他NGOにてタイ、ラオス事業を担当し地域開発に関わる。その後モンゴル駐在にてマンホールチルドレン保護事業、リベリア駐在にて帰還民支援事業などに従事する。2011年1月にワールド・ビジョン・ジャパンに入団し、支援事業部 緊急人道支援・グラント事業課 アジアチーム所属。2011年1月~2012年4月まで、ソロモン諸島に駐在。2012年11月から2016年6月まで、ベトナムに駐在。
Return Top