【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

被災地のNPOを支えていくために

昨日から仙台に来ています。
被災3県で活動するNPOの支援・育成・強化のためのプログラムを日本NPOセンターを通して立ち上げる合宿で、ワールド・ビジョン・ジャパンによる東日本緊急復興支援活動の一環です。
長期的な被災地の復興、地域の再生には地元のNPOが元気で活発な活動を継続させることが重要だと思っています。

合宿でのようす (中央が筆者)

合宿でのようす (中央が筆者)

1203160212031603

この記事を書いた人

片山信彦 業務執行顧問
片山信彦 業務執行顧問ワールド・ビジョン・ジャパン業務執行顧問
大学卒業後、三井住友海上火災保険株式会社(旧大正海上火災)入社。1982年同社を退職し、キリスト者学生会(KGK)の関東地区主事となる。海外との文化交流事業、日本人学生の海外派遣事業、在日留学生の支援事業等も行う。フィリピンにおける2カ月間の研修および中国、タイ、インド、インドネシア等の視察を行う。
1992年同会を退会し、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン入団、2000年から2017年まで事務局長(2002年から2016年まで常務理事を兼務)。2017年4月から2018年9月まで常務執行役員。2018年10月より現職。
1999年イギリス マンチェスター大学大学院IDPMにて「社会開発」と「NGOマネージメント」を学ぶ。
共著:「連続講義 国際協力NGO」(日本評論社)
Return Top