【スタッフ・ブログ】国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

Read Article

子どもたちから学ぶ

WVスタッフと片山事務局長(左から2人目)から薬を受け取るアン(右から2人目)と弟たち 

WVスタッフと片山事務局長(左から2人目)から薬を受け取るアン(右から2人目)と弟たち

私たちは支援事業を通して貧しい人々に何かを与えていると思っていますが、実は多くのことを与えられています。
このことは私たちの活動を行う上での原点となる視点です。

タイで出会ったアン(12歳)はHIV/エイズで両親を失い、残された姉弟3人はおばあさんの家に引き取られ一緒に暮らしていました。
彼女自身も母子感染していますが、発症はしていません。
アンはワールド・ビジョンのスタッフから配られる薬を二人の弟たちに飲ませる役目を一生懸命に果たし、困難の中にあっても嬉々として弟たちの面倒を見ていました。

この出会いを通して私は、逆境に負けずに生きる小さな彼女の強さ、明るさ、やさしさに感動を覚えました。
同時に両親を失った辛さ、寂しさ、病気故の不安、悔しさもアンは話してくれ、その傷の深さに心が痛みました。
彼女から家族や地域の中で支援事業を行うことが有効で大切であることなど、支援のあり方についても学ばされました。子どもたちの思いと視点を忘れてはならない、さらには子どもたちには大きな可能性があることを深く教えられた経験でした。

この記事を書いた人

片山常務執行役員
片山常務執行役員ワールド・ビジョン・ジャパン常務執行役員
大学卒業後、三井住友海上火災保険株式会社(旧大正海上火災)入社。1982年同社を退職し、キリスト者学生会(KGK)の関東地区主事となる。海外との文化交流事業、日本人学生の海外派遣事業、在日留学生の支援事業等も行う。フィリピンにおける2カ月間の研修および中国、タイ、インド、インドネシア等の視察を行う。
1992年同会を退会し、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン入団、事務局長。
1999年イギリス マンチェスター大学大学院IDPMにて「社会開発」と「NGOマネージメント」を学ぶ。
2001年から常務理事を兼務。2017年3月で事務局長を退任。
現在、常務執行役員。https://www.worldvision.jp/news/shien/20170331.html
共著:「連続講義 国際協力NGO」(日本評論社)
Return Top