国際NGO ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフブログ

Read Article

アニータのつぶやき

<英語の原文は、日本語の下にあります>

■ ルワンダのチャイルドと私

人生初の雪を体験!(筆者)

人生初の雪を体験!(筆者)

まばたきもしないで・・・彼女はじっと私を見ている。
いったん視線からそれたものの、私はまた彼女の視界にもどった。その小さな目はするどい。-そして私は微笑みかえした-写真の少女に。
レイチェル(無垢な子羊という意味)‐なんて美しい名前なのだろう。その目は真に激しいまなざしを放つ。

何千マイルも離れた地で、おそらく彼女は小さな村で、小屋の中で、この先の運命もわからずに暮らしているのだろう。それでも私は、彼女の目に映る希望を見てみたい。
ペンをとり、私は書き始めた。ルワンダのチャイルド(少女)に宛てた手紙を。

■ 日本に暮らしてみて

日本に暮らして-3カ月になった。
ものごとのペースの速さ、行動、正確さ、適時さ、お母さんの自転車に乗った赤ちゃん、礼儀正しい(親切な)人々そしてその不思議なこと…私は愛して止まない!

でも、何故誰もがそんなに急いでいるのだろう。

■ オデットの夢

オデットちゃん

オデットちゃん

コンゴ民主共和国(アフリカの真ん中に位置する)の南部地方への出張からもどって、気付かされた。コンゴは鉱物資源の宝庫(24兆USドル相当とも言われる、なんてこと!)、そして他の天然資源にも恵まれている。

一方、開発指標によれば、子どもの成長にはもっとも適していない、つまり最悪の地であるとも言われている。なんというパラドックス!自然の恵みはこの国のわざわいにもなってしまった。鉱物の違法採掘や不安定な政情によって破壊されてしまったのだ。

オデット(両親の同意をえて写真を撮った)と彼女の母親に会った。彼女たちはトヨタ地域開発プログラムの支援地でふつうの暮らしをしている。

希望の笑顔

希望の笑顔

オデットはミスター・ドーナッツを食べたこともバービー人形やドラエモンと遊んだこともない。そんな少女にも夢がある。はにかみながらも微笑んで 「先生になりたい」と言った。

つまり、ここに希望があるのだ。

安全で繁栄する国を夢見る多くの人々そして子どもたちのなかに私が見た
「希望」
これはすごいことだ。

この夢の中で目覚めることができるならとても嬉しい。

 

 

(コンゴから)ボンジュール!

(コンゴから)ボンジュール!

There she is Looking at me…not blinking… I look away and turn back to see her staring.

Her small eyes sharp -I smile now at her ? the little girl in the picture ? Racheal (meaning Innocent lamb) what a beautiful name ? and her eyes are so intense. Across the many thousand miles, she probably lives in a small village, in a hut, unaware of what lies ahead of her. But I want to see hope in her eyes. I picked up my pen and starting writing ? my first letter to this child in Rwanda.

Living in Japan ? it’s three months now.
The fast pace, the action, the precision, the timeliness, babies on bicycles with their mothers, gracious people and the Mystery of it all… Am loving it!
Also, I am wondering why is everyone in a hurry?

カンボブ地域の子どもたちとダンス

カンボブ地域の子どもたちとダンス

Coming back from Southern part of Democratic Republic of Congo (located in the Heart of Africa) was an awakening ? I understood that the country is blessed with rich mineral wealth (it is said that the estimates is about 24 trillion USD, wow!) and the other natural resources.

It is also said to be one of the worst places for a child to grow up in according to development indicators. What a paradox! Nature’s bounty has also become a curse for this country which is ravaged by insecurity, exploitation by Extractive industry (mining) and governance issues.

オデットちゃんとお母さん

オデットちゃんとお母さん

I met Odette (photos taken with consent of parent) and her mother who have a mundane life in one of the localities where are ADP (Toyota) is working.

Odette has never eaten at Mister Donut or played with Barbie doll or Doraemon, but she too has a dream as she shyly smiles and says she wants to be a teacher. There is hope, after all.

This was awesome, the hope I saw in many people, in children ? who dream of a safe and prosperous country. Glad to wake up in a part of this dream!

Return Top